Home > 使用オイルの説明

使用オイルの説明

  • 2013-03-02 (土) 15:39

教室で主に使用するオイルは、島根県の出雲で作られているキュアリング(加熱処理)されたベビーマッサージ用のセサミオイルです。

インドの伝承医学「アーユルヴェーダ」のマッサージを基本としている事に由来し、日本人になじみがあるセサミオイルを使用します。

セサミオイルは、鉄・リン・マグネシウム・銅・珪酸・カルシウムなどのミネラルと微量元素を含んでおり、リノール酸とオレイン酸のバランスが良く、レシチンも多く含まれています。

また他のオイルに比べて、セサモールとセサモリンと言う自然の酸化防止剤を含んでいるため、酸化しにくい性質を持っています。

☆ABMセサミオイルの特徴☆

・食べられる天然原料のみを使用しています

赤ちゃんがもし舐めてしまっても天然原料ですので全く問題がありません。

・合成化合物は使用していません

原材料は白ゴマ油のみですので、安心してたっぷりと体に吸収させてあげて下さい。

・キュアリング(加熱処理)済みです

加熱処理されていますので安心してお使いいただけます。

・化粧品と同じ精製方法で作られています

限りなく不純物を取り除く化粧品品質の高い精製度の方法で作られていますので、赤ちゃんのデリケートなお肌にとても優しいオイルです。

・遮光瓶を使用して日光を遮断しています

オイルにとって最も良くないのが「酸化」です。日光に当たったり空気に触れることで急激に酸化促進されます。

オイルが日光にさらされないように、薬品の容器として使われている遮光性の高い瓶を使用しています。

・1本ずつキャップをシーリング(封印)しています

オイルの蓋をシーリングして、出来るだけ空気に触れないようにして酸化を防いでいます。

・使いきりやすい量になっています

遮光瓶に入っていても、封を開けてしまうと酸化は少しずつ進んでしまいます。

デリケートな赤ちゃんのお肌にとって、酸化したオイルは刺激になってしまいますので、1~2ヶ月前後で使いきれる量にしました。

・ガラス瓶なので安定しています

プラスティック容器に比べてガラス瓶は座りが良く、適度な重さもあって安定しています。

こぼれにくく使いやすくなっています。

セサミオイル購入希望の方は問い合わせフォームより承ります。(セサミオイル110ml ポンプ付き ¥3200)

教室内での販売も致しますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

※セサミオイルは白ゴマを主原料としているので、アレルギーは出にくくなっています。

しかしごく稀に赤ちゃんがゴマアレルギーを持っている場合も考えられますので、オイルが赤ちゃんの肌に適しているかどうかを確認するためのパッチテストを必ず行いましょう。

Home > 使用オイルの説明

Search
Feeds
Meta

Return to page top